今日どんな服を着ましたか?それはなぜですか?

カラー診断のカウンセリングをする時に

「いつもどんな色の服を着ますか?」

と聞くと、ほとんどの方が、

  • グレー
  • ベージュ

とおっしゃいます。

 

「それはなぜですか?」

と聞くと、

「目立ちたくないんで・・・」

「これ着とけば安心かなと」

「無難な色を着て無難な存在でいたいんです」

と。

 

 

人は、身につけているものを選ぶ時、

心理的に決めています。

 

ただ、私は思うんですけど、

人生1度しかないのに、

無難な存在でいいんですか?

輝いている存在でいたくないですか?

ってことなんですよね。

 

 

私のカラーの師匠が、

カラーコンサルタントを目指すと決めた私に言ってくださった言葉は、

「ごみを捨てに行くときも、

カラーコンサルタントであること」

いつでもどんな場所でも、見られているという意識で、

自分を律しなさいという意味です。

聞いたときは、ゴミ捨ての時も??と、すごく衝撃的でしたが、

今でも私にとって大切な言葉で、

カラーコンサルタントとして見られたいという気持ちで、

毎日の装いを決めています。

 

そして、

自分の大切にしている想いを小冊子に載せて

たくさんの人にお届けする、

気合の入った3日間は、

自分のカラーコンサルタントとしての想いをそのまま装っています。

<小冊子リリース1日目の気合の赤

33038612_1611100875653244_7406432014007533568_n.jpg

<2日目、昨日と真逆のさわやかな緑>

33139024_1611100938986571_5082803377717379072_n.jpg

<3日目、大好きなティールブルー>

32867842_1611101005653231_410185044808695808_n (1).jpg

 

皆さんに見られるとわかって居る時、

自分がどう見られたいかを

意識して、心理的に服を選ぶという事。

私の場合、

カラーコンサルタントですと自己紹介すると、へーそうなんですね!と言いながら全身ツーっと見られます。

ですので、

「カラーコンサルタントとして自分に似合う色を身に着けています。

どう見えていますか?

結構いいでしょ?」

 

と伝えたいから、

3日間、違った色を意識して着ました。

似合う色を意識するとプチプラな洋服・アクセサリーでも、高価に見えるっていい効果があります。

私の持ち物のプライスを知ったら、驚かれるでしょうね(笑)

今日なんて、片方なくしてセットにならなくなったイヤリングを、片方ずつ付けていたのに「それすっごいオシャレだね! 」と言われてしまいました。

得してます、私♡

本当の事は内緒という事で!

 

 

あなたは明日、どんな予定がありますか?

そして、どんな色の服を選ぶでしょうか。

たくさんの服の中から、

これを選ぶ自分の心理に目を向けて、

素敵な装いをしてください。

 

お申し込みはこちらから↓↓

https://www.agentmail.jp/form/h/11617/2/